こんな場合は飲酒習慣を見直しましょう

飲酒によって記憶を無くしてしまう

どうやって帰ってきたのだろう

「あれ、ここは……私の部屋? ベッドの上?」

窓から差し込む朝日の光で目覚めたDさん。着ている服は昨夜のまま、なぜかひざをケガしていて血がにじんでいます。

「昨日の夜は……後輩の送別会のあと2次会に行って、ダーツして、カクテル飲んで、えーと、それから覚えてない……」

懸命に思い出そうとしますが、一体どうやって帰ってきたのか、記憶がありません。ふと時計を見るともう8時過ぎ。

「しまった、こんな時間!」

Dさんは大急ぎで支度して家を飛び出し、通勤電車に飛び乗るのでした。

周囲からの冷たい視線

「おはようございます」

オフィスのドアを元気よく開け、明るく挨拶しながら自分の席に向かうDさん。しかし、自分に向けられる眼差しが、心なしかいつもより冷たい気がします。

「ねえ、ちょっと」と同僚がDさんに体を寄せてきて、「昨日は大丈夫だった? ちゃんと帰れたの?」
「うん、一応帰れたんだけど、全然記憶がなくて……」
「覚えてない? 道でいきなり全力疾走して派手に転んだことも?」
「え、そんなことしたの私? それでひざをケガしてたのか」
「あと、3次会でしつこく先輩に絡んで怒らせちゃったことも?」
「うそ!」

Dさんは全身から血の気が引くのを感じました。

お酒の失敗は“武勇伝”だと思っていた

その同僚は、最近Dさんの飲酒量が増えているのを気にしていたのだそう。

「昨日だけじゃないよ、ひどい酔っぱらい方してたの」

そういえば、自分がお酒に強くなってきたと思って、最近は無茶な飲み方をしていた。まったく記憶がないことは初めてだったが、飲んだ量を覚えていなかったり、会話の内容を覚えていないことはしばしばあった。しかし、そんなこともぜんぶお酒の“武勇伝”だと思っていたDさん。
しつこく絡んでしまったという先輩のほうを恐る恐る見ると、いつもならにっこり微笑んでくれるその人は、Dさんと目が合うなりさっと視線を反らしてしまうのでした。

「ブラックアウト」と呼ばれる症状

ご紹介したケースのように、飲酒時の記憶を失ってしまうことを「ブラックアウト」と言います。これが時々ではなく頻繁に起きるようであれば、単なるお酒の失敗ではなく、アルコール依存症の可能性が考えられます。

お酒の量を減らしてみませんか?

簡単テストでアルコール依存症かどうかをチェックしてみましょう お酒の飲み方チェック簡単テストでアルコール依存症かどうかをチェックしてみましょう お酒の飲み方チェック

「アルコール依存症」について
知っていますか?