飲酒により引き起こされる病気

がん

アルコールやアルコールが体内で分解されてできるアセトアルデヒドは発がん性があり、この分解酵素の働きが弱い人が多量飲酒すると口腔、咽頭、食道の発がんリスクが高まります。日本人ではアセトアルデヒドの分解酵素が欠損している方が約10%、弱い方が30%強と報告されています1)。また、大腸がんは飲酒との関連が明らかであり多量飲酒により発症リスクが高まります。肝臓がんの主な原因はウイルス感染ですが、多量飲酒もその原因の1つとされています。一方、乳がんは日本の研究において飲酒との関連がはっきりしていません。
また、糖尿病の方や喫煙する方は、飲酒によるがんの発症リスクがさらに高くなるので特に注意が必要です。
なお、飲酒量を1日2合(純アルコールとして約40g/日)未満に抑えることができれば、男性全体の12.5%はがんの発症を防げる可能性があることが報告されています(下図)2)

飲酒量とがんの発症リスクとの関係

飲酒量とがんの発症リスクとの関係 飲酒量とがんの発症リスクとの関係
対象
日本において9~12年間追跡調査できた40~59歳の男性
35,000人
方法
飲酒量とがんの発症リスクについて検討した

津金昌一郎. : アンチ・エイジング医学-日本抗加齢医学会雑誌., 4(4), 450-456, 2008より改変

文献
  1. 1)横山顕. : Prog. Med., 33(4), 915-919, 2013
  2. 2)津金昌一郎. : アンチ・エイジング医学-日本抗加齢医学会雑誌., 4(4), 450-456, 2008

お酒の量を減らしてみませんか?

「アルコール依存症」について
知っていますか?